北九州で焼肉するなら宅配バーベキューのテキパキビーフ

ご注文・お問合せ:093-647-6008
(電話での受付時間16:00~24:00)
 
食材は、病原菌の繁殖を防ぐために
きちんと保存しておきましょう。
食材保存の適正温度
生肉、野菜・・・10℃以下
魚介類・・・5℃以下
適正温度での保存を怠り、食中毒にならないよう必ずクーラー
ボックスと保冷剤を活用しましょう。
クーラーボックスの中は外気温など様々な条件で変化します。
しっかりと蓋をし、直射日光を避けて直接地面につけず、
出来るだけ温度計を活用して管理しましょう。
 
もしも食中毒になったら
腹痛や発熱、嘔吐、下痢、などの食中毒をおこした場合、脱水症状を引き起こしやすくなりますので、
スポーツドリンクや常温にさましたお茶などで水分補給をして下さい。
冷たい水や清涼飲料水は、胃や腸を刺激しますので避けてください。
嘔吐が見られる場合は、吐いた物が気管に詰まって窒息したり、肺に入って肺炎を起こすことがある
ので、 吐きやすいように横向きに寝かせましょう。

※参考:日本バーベキュー連盟「バーベキューは安全第一」より

食材は、病原菌の繁殖を防ぐために
きちんと保存しておきましょう。
食材保存の適正温度
生肉、野菜・・・10℃以下
魚介類・・・5℃以下
適正温度での保存を怠り、食中毒にならないよう必ずクーラー
ボックスと保冷剤を活用しましょう。
クーラーボックスの中は外気温など様々な条件で変化します。
しっかりと蓋をし、直射日光を避けて直接地面につけず、
出来るだけ温度計を活用して管理しましょう。
もしも食中毒になったら
腹痛や発熱、嘔吐、下痢、などの食中毒をおこした場合、脱水症状を引き起こしやすくなりますので、
スポーツドリンクや常温にさましたお茶などで水分補給をして下さい。
冷たい水や清涼飲料水は、胃や腸を刺激しますので避けてください。
嘔吐が見られる場合は、吐いた物が気管に詰まって窒息したり、肺に入って肺炎を起こすことがある
ので、 吐きやすいように横向きに寝かせましょう。

※参考:日本バーベキュー連盟「バーベキューは安全第一」より

PAGE TOP

Copyright(C) 2016 出張BBQ テキパキビーフ